’07 2・3 「寒風に咲くビオラ~」・・・・・洸風荘・女将の甘辛日記

ここ2~3日、雪はないけどさむ~い日が続いています。

卵の宅配を済ませ、郵便局で用を足してて帰宅…。
「あ、今日の卵、まだ採ってなかった!」と、鶏舎への階段を下りようとしたら、
足元に小さな、薄紫の花が一つ、寒風に吹かれて小刻みに揺れながら、
ひっそりと咲いていました。

「いままで、暖かかったから咲いてくれたのね…。」
「きのうも、今日も、こんなに冷たい風で可愛そう!」
たった1輪の小さなビオラ、いとしい~!
e0085754_1174243.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-02-03 01:19

’07 2・1  「地球温暖化防止活動推進員・合同研修会」ー2日目の報告

先週から今週にかけて、情報過多になるほどの学習会ラッシュ!情報を受ける一方で、まとめている暇がない~!

頭の中だけでは、どんどん新しい知識の波に押し流され、忘れてしまうので、とにかく、憶えている範囲でまとめることに。。。

                              ★
                                    
1月23~24日「合同研修会」の2日目、3名のベテラン推進員による活動報告でした。

始めに報告されたのは、永い間、自然観察指導員や、環境カウンセラーの活動を続けてこられた方で、学校の教育現場に入って、子供たちに、地球温暖化の学習プログラムに基づいて、分かりやすく、具体的な説明をされたことの報告でしたが、この方は趣味で、山岳協会長も務められており、、永い間、「雷鳥」の観察も続けてこられた方です。

雷鳥は飛べない鳥…、標高の高い所に棲んで身を守ってきたのに、本来、ライチョウの棲む領域には狐などは登れなかったのに、近年は登山客の残した食べ物などを拾い喰いしながら、段々に高地に体が順応しはじめ、飛べない無防備なライチョウを喰い尽くしてしまっていると・・・。
現在は、環境省の絶滅危惧Ⅱ種に指定されているということでした。

                              ★
                                       
人間は言葉や文字、写真など様々な手段で訴え、対策を講じることが可能ですが、もの言えぬ生き物の哀しい運命に、心が塞がれる思いでした。永い間、高い山へ登頂し、喰い尽されたライチョウを目にする報告者は、どんな思いでそれを見つめたのでしょう…。

                              ★

狐は上へ上へと順応したということですが、逆に、熊や、鹿・猿などの野生動物は、高い処から下界の人間社会へ下りてきて、田畑の作物を喰い荒らし、甚大な被害を及ぼしています。我が家の田圃は、昨年は鹿に全部喰いつくされて、収穫ゼロ!!(二重にネットを張っていたのに…)。畑も同様でした!

同じような被害は全国に広がっており、その被害額は大変なものだと思います!山では、本来、彼らが常食していた食べ物が、温暖化による植生の変化で無くなりつつあるからです。

手塩に掛けて育てた作物が収穫できないのも、言うにいわれぬほど悔しいものですが、熊などに襲われて、全国で沢山の死傷者が出ております。

地球温暖化の影響は、ものを食するヒトだけでなく、野生の生き物たちにも過酷な運命を与え、その結果、私たち人間世界への報復が年々増大し続けているのです…。

                               ★

このような辛い報復を受けているのは、エネルギーをガンガン消費している大都会ではなく、概ね、少エネルギーで質素に暮らす地方の人々です。
同様に、昔からそう変わらない暮らしを営んでいる発展途上国の人たち…、住宅地に海水が押し寄せたり、干ばつで草1本生えない乾ききった大地などがTVで写されています。

このことを、他人事と看過すべきではないと…、ここ1~2年、強く感じています。

                               
[PR]
# by koufuusou | 2007-02-01 00:42

’07・1・25 「地球温暖化防止活動推進員合同研修会」…洸風荘・女将の甘辛日記

1月23~24日、長野県・地球温暖化防止活動推進員の研修会が、岡谷で1泊2日で行われました(長野地区方面は既に開催されています)。

本県だけでも推進員は約200名いるそうですが、会場を南北二つに分けて行われたということです。当日の出席数は約80名、新旧のメンバーが一同に会しての研修会です。

                             ★

それぞれ挨拶が終了した後、1日目は講義とワークショップ「地球温暖化防止の環境学習プログラムを活用した、環境教育活動の進め方について」というタイトル。。。
 
 1.環境学習プログラムを使って
 2.ワークシートの体験学習や、
 3.ワークショップ…これは夜の「世界地図」を使った環境教育プログラムづくりなど…。

地域の小学校の合意を得られたら、いま、世界の地球環境はどういう状況であるかを、まず、未来の社会を担う子供たちに学習してもらおうという、大人のためのワークショップでした。

                              ★

新人研修員としては、初日に子ども向けの学習プロウラムについて、長時間勉強させられると
は思ってもみなかったので、「えーっ!なんで子どもの学習なの!?」とびっくり! 暫くの間呆然としていました。

前米副大統領アル・ゴア氏の、「不都合な真実」が注目を集めているのをみても頷けるように、いま、温暖化の影響は、世界各地で看過できない状況にまできている筈…。まず、始めに子供たちから教育するなんて、そんな悠長なこと??

環境先進国ドイツに、3度視察研修に行きましたが、ドイツの取り組みの特徴は、国の方針もしっかりしてるのでしょうが、州単位の行政の取り組みが具体的、かつ実践的で、どんどん進められていると見受けました。

守らない住民には罰則を科してでも、必要なことは誰はばかることなくどんどんやっていく…、そういう印象を受けてきました(ただ、東ドイツと統合して以来、エネルギー政策の成果としては、余り際立ったものにはなっていないようですが…)。    

グループ単位でのワークショップですが、各グループにはちゃんと、ベテランの推進員も入っているようで、別に驚くこともなく、みんなで「テーマは何?」「子供に理解できるような内容は?」と、穏やかに学習は続いていきました。

やっていて気づいたことは、1.地球温暖化などと言われても、まだ、白紙状態の子供たちに分かりやすく、しかも抵抗無く受け入れてもらうためには、まず、自分自身が観念論などではなく、正確に、具体的に事実を把握していなければならないということ…。

2.言葉で語りかけるだけでは、大人でも強い関心がなければ、右から左へ抜けてしまう…。そのためには、様々な工夫や、小道具などを用いて、身をもって子供たちに体感してもらわなければ、学習がしっかり身につかないということです。

例えば、1日一人当たり、どの位エネルギーを消費しているか?それを数字で示しても、ピンとこない!そこで、その数字と同じ重さのバッグを、実際に持ち上げてもらう…。
「日本人は、毎日、毎日、これだけの重さと同じ量のエネルギーを使っているの!」「アメリカ人はこっち。もっと、もっと、重い!中国人はこちら…、中国も重いよね!」という学習の仕方です。

また、夜の地球地図というものを使って、どの国のどの辺がどの位明るいかを、自分の目でしっかり確認してもらう。そして、いま、世界で台風被害や、海水の上昇により、家に住めなくなったとか、様々な影響を受けて困っているところはどの辺か?

それを書き込むことにより、煌々と夜中まで明るい国や地域ではなく、真っ暗な、つまり、エネルギーを余り使わない国々や、地域が被害を受けていると言う実情が克明に浮かび上がってくるのです(これには納得!!私たち地方の、海沿いや、山ぎわの住民が、いま、酷い目に遭っていますが、殆どの日本人には理解されていないでしょう)。

                             ★

「なーるほど~!こんな事は、私たちだって知らなかった!」という訳で、段々にこの問題の伝え方の重要さを思い知ることに。。。

「地球温暖化」に関して興味を持ち、積極的に防止活動を続けているのは、日本ではまだまだ一握りの人口なのだとか…。子供たちだけでなく、そういう大人たちにも、抵抗無く受け入れてもらうためには、それなりの工夫と根気がいるということでした。。。「目からうろこ!」

でも、やっぱり、ドイツのやり方も、積極的に取り入れて欲しいな!日本人のほぼ大多数が理解できるまで粘っていたら、もう、取り返しのつかないところまで進んじゃうのではないかしら…?? そこが一番心配です!

                              ★

二日目の研修はさらにインパクトの強い内容でしたが、それは次回に…。明日は隣町で「環境に配慮した観光事業」とかのテーマで講演会があり、その後、グリーンツーリズム・エコツー・料理研究会、地域づくり等など、1月、2月は勉強会のラッシュです!
[PR]
# by koufuusou | 2007-01-25 21:53

’07 1・22 雪の朝・・・洸風荘・女将の甘辛日記

e0085754_1058168.jpg


タイトルをちょっと、リニューアル!

今まではすこうし、ガラス越しのような内容でした。
正直、何を書いたらいいのか、困ることが度々あって…。

ある日、「深く考えすぎず、見たこと、聞いたこと、感じたこと
何でもいいじゃん!自分の思うがままに、誰に遠慮することなく、
率直に書けばいいのダ!」

そう思ったら、結構書くことは幾らでもありそう~!

そんな訳でこれからは、タメになること、ならないこと、
甘いお話だけじゃなく、辛口も、酸っぱいのも、なんでも
気の向くままに書いてみることにいたします!

それに、民宿の女将業も、今年6年目に入るのだから、
いつまでも”新米女将”でもなかろうと、新米という、心地よい
衣も脱ぎ捨てます!

私の知的好奇心(恥的もあるかも)の窓をいっぱい開けて、
生きている限り、ポジティブに行くことにします!!
(時折、ネガティブもありかも。。。ま、お天気も晴れたり、曇ったり
するし…。テンポはスローで…)


                  「雪の朝」

昨夜からしんしんと降り続いた雪は、早朝、障子をスッと開けたら
「うわ~!きれい…」、思わず見とれてしまいました。

周囲は忽然と、さくらの花が満開になったような。。。木々という木々は
一斉に雪化粧。。。 「うつくしい~!」

早朝6:50分まだまだ仄あかり…。写真撮るには早すぎるので、
台所仕事で時間稼ぎ…。

でも、この後、7:40分、8:10分と2度撮り直したけど、やっぱり冬は、
南アルプス主峰「赤石岳」の上から陽が登るのが遅くて、いま一つ、
絵にならない!

それに、今日はもやっていて、「ダメかなァ、」と思いつつも、
とにかく、もう、乱撮!下手な鉄砲もなんとやら…。
いくらかマシかな?と思えるのを数枚、記念に載せることに。。。

お口汚しならぬ、お目汚しでしたら、ご容赦を…。

e0085754_10545629.jpg


e0085754_10593324.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-01-22 11:00

’07 1・8 久々の大雪…

土曜から日曜にかけてよく降りました!久々の大雪です。といっても、正確に測ってみたら13cmでしたが…。それでも当地としてはびっくり~!(正確を期するために、必ず、違う場所で3箇所測ります)

ここは、2000m~3000m級の山々に囲まれているので、余り風も吹かず、雪も10cmを超えるような積雪は滅多にありません。去年は、3回積雪がありましたが、いずれも3cm以内でした。
村の人の説明では、雪雲が高い山の上空を通過してしまうので、この地には余り雪を降らせないのだとか。。。

村の人たちは、みんなせっせと雪かき…。夫も連休なので、昨日は家の周囲をきれいに雪かきして、ついでに道路も上から下の集落まで、ぜ~んぶ除雪してくれました(もっと、早くに除雪している家もありますが…)。

軽トラックの後ろに、くの字型に曲げたガードレールの断片を括り付けて、ガラガラと路上をゆっくり走ると、車1台分位の幅を容易に除雪できちゃう…!便利、べんり…!

村の人がみんなそうしているので、夫も早朝勤めに行く時、雪が降った時は除雪しながら下りていくので、途中にある家の人たちから「助かる!」と、いつも感謝されてるそうで。。。
多分その道具は、下の集落の所で外して、邪魔にならないところへ置いていくのでしょう…。集落が密集しているところは国道に面しているので、隣町までの幹線道路は全て行政サイドで除雪してくれます。

雪がしんしんと降っていると、食べ物が無くなるのか、小鳥たちが時々庭にやってきます。きのうも2羽、我が家の庭木に留まって、何やらおしゃべりしているような。。。
夫にそのことを話したら、早速、コッコたちのエサをおすそ分けすると言って、二つも容器に入れて、ベランダのテーブルに出したり、床にも置いたり…。

時々、ガラス戸越しに覗いては「こないなァ…」だって。。。私たちの知らない間に、ちゃんと、エサをつついてます!可愛い~!

e0085754_1618320.jpg


e0085754_1627439.jpg


e0085754_16282077.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-01-08 16:28

’07 1・3 好評だった手料理は…?

「はぁ~、ヤレヤレ~!」年末・年始の慌しさから、やっと、解放されつつあります。大変でも、人の出入りがあるということは、いいことなので。。。

受け入れ側の一番のもてなしは~? やっぱり、おいしい料理と、あったか布団と、それに笑顔!ですかねぇ…(三つ目は、イマイチだったかも…)。 あ、木の香りのする薪ぶろも、結構受けてたようですが…。

一応、忘れないうちに、好評だった手料理の幾つかを記録しておきます。卵やさんなので、カニたまとか、香り卵焼きなども、好評でしたが、昨年ご紹介済みなので割愛。。。

1.イワナの炭火焼き(4~5時間掛けて、炭火でじっくりと焼き上げ、骨まで食べられるもの)
何度もひっくり返しながら、炭火で根気良く焼くのですが、「これは絶品!これを食べるために、また、来ます!」と言い置いて帰る方、けっこう多いのデス!

2.春巻き(春は山菜などの春の素材を、夏は夏野菜、秋はキノコなどの秋の素材を、下味つけた鳥ササミ等と一緒に巻いて、カリッと揚げる)

3.人参・大根・信州の「塩いか」などの酢の物…揚げ物や肉料理などの後には、さっぱりとして好評でした!(でも、アップしてみたら、なんという乱暴な切り方ッ!? ひとりで慌しく作ってたので…、ちょっと、恥ずかしい~!でも、お味の方は、合格でした!)

4.ご飯は、”鳥おこわ”…これも、けっこう好評です(洸風荘のHPにて公開中)。

e0085754_1681889.jpg


e0085754_16102881.jpg


e0085754_1611858.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-01-03 16:13

’07 1月2日 元日は、素晴らしいお天気~!

年末からの客人が先ほど帰って、し~んと元の静かな二人暮らしの世界に。。。私はといえば、もう、ぐうったり~!もう、なんでもいいから、ただ、休みたい…。

きのう、夫はちょっと、出かけた際にデジカメを持参しましたが、「時間的に逆光なので、山はよく撮れなかった」と、がっかりして帰ってきましたが、でも、中に1枚だけ、スカッと晴れ上がった、ロィヤルブルーの青空が写っていました!

「今年はいいことありそうな…、
          元旦の朝、晴れて風なし」 どっかで聞いたような歌にぴったり~!

ほんとに、今年は良い年でありますように…。ただ、祈るのみ。。。

e0085754_16504875.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-01-02 16:45

’07 1月1日 新春のご挨拶

明けまして、おめでとうございます!昨年は、拙い当ブログへ、沢山の方々にご訪問いただきまして、ありがとうございました。

今年も、日々、折々に感じたこと、体験したことなどを率直に綴ってみたいと思います。どんな、サプライズ、感動が待っているのか…!?ワクワク~!また、ご笑覧いただければ嬉しいです!

e0085754_12212658.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2007-01-01 12:40

’06 12・28 雪の日…

きょうは、朝から雪です…。音もなく、しんしんと。。。

積もるのかなぁ…。降っても、12月中は積雪までは至らないというのが、ここ近年の様子ですが…。温暖化の影響なのでしょう。

e0085754_9562736.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2006-12-28 10:05

06’12・26 温かい雨の日… 

昨日までは数日、良く晴れてくれました。おかげで、忘年会のお客様のお布団・毛布・ウールのマットレス・枕など等、みんなすっきりと干せました。

冬の寝具類は、使用するものが多いので1日では干しきれません。カラッと干すだけでなく、日光消毒も兼ねて…。

陽気もあったかだったので、作業しやすく助かりましたが、TVニュースでは、今年は暖冬とのことです(喜んでいていいのか、どうかわかりませんが…)。

今日は朝からしとしとと、やっぱり温かい雨です。師走だというのに、何かヘンなの。。。

e0085754_21232541.jpg


e0085754_2129344.jpg

                       こういう日は、辺りは幽玄の世界~!
[PR]
# by koufuusou | 2006-12-26 21:23