今年の干し柿は・・・、

 今年も、故郷の姉から干し柿用の柿が沢山送られてきました。温暖化の影響なのか、今年は大きい!古い柿の木で、消毒も肥料も何もしないそうで、いつもは小さめのものが多いのに、今年は市販のものみたいにに立派な柿です。
 
 皮を剥いて紐でくくりつけるのは、いつも夫の役目、「出来た!」と、ほっとして、ついでにベランダに干してくれました。昔ながらのやり方なので、仕上がりは市販の干し柿のように余り上品ではないけど、こくがあって、干し柿の独特のてりと甘みがあり、いつも待ちきれずに、一個ずつもぎ取っては、つい、食べてしまう・・・。
e0085754_15544164.jpg

 いつまでも母親代わりのように、何でも送ってくれるふるさとの長姉が健在であればこそ、味わえるもの・・・、こういう時には、普段、姉の気持ちに対する感謝の心を忘れているなあ、と反省しながら、ふんわりと幸せな気分に浸っています。
[PR]
# by koufuusou | 2005-11-29 15:51 | その日の出来事

楽しい昼食会

 今日は、兼ねてからお約束があったI市のKさんが、隣町の友人を二人も連れて尋ねてくれました。ほぼ近い年代の女性4人で(私が一番年上)、食卓を囲みながら、初めての顔合わせとは思えない程打ち解けてお話が弾み、楽しい昼食会でした。

 この時にお出しした料理を、後日の参考までにカメラに収めました。当日は慌てていたので、この日のお料理は失敗ばかり! やっぱり、計画道りにゆとりを持って作ることが大切、と反省!
e0085754_1513572.jpg

 でも、いつも反省ばっかり!今日のお料理は全部うまく出来たあ、とは中々いかない・・・。 幸い、お客様が、お宿帖に「料理がおいしかった!」と書いてくれるので、それを励みに精進、精進!!
e0085754_158571.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2005-11-27 20:21 | その日の出来事

今日、若鶏が初めて卵を産みました!

 ここ、標高千メートルに位置しているのは、洸風荘1軒だけです。ご近所にも下の方に数軒民家が点在し、1軒づつ斜面を下っていきます。大自然に囲まれて、家々の周囲には田畑が広がり、それぞれ陽当たりがよく、ゆったりとしたこの集落を私たちはとても気に入っています。

 ここのところ、慌しい日々を過ごしているので、下の集落に用事があるときはいつも車を飛ばして行くのですが、今日はこの地域の観光スポットで久しぶりに降りてみました。福徳時という
国の重要文化財に指定されている歴史の古いお堂があり、道をはさんで大きなイチョウの木がありますが、気がつくともうすっかり葉を落とし、冬支度になっていました。背景に見える赤石岳の雪も、そのまま根雪になるのかなあ・・・。つい、この間まであんなに暖かかったのに・・・。
e0085754_14483729.jpg
e0085754_1449498.jpg

 国道152号線沿いに家並みと商店街が続いていますが、その裏側に畑を借りて、その傍で鶏(名古屋コーチン系)を40羽飼っています。20羽は今盛んに卵を産んでいますが、20羽は
まだ若鶏、12月に入ったら産み始めるかなあと思っていたら、夫が仕事の帰りに寄ってくれて、「若鶏が3個産んでたよ!」と、可愛い卵をころころっと持って来てくれました。
e0085754_14554471.jpg

 「え!もう産んでたの?」と、びっくり!早速ゆで卵にして・・・、「うーん、おいしい!!」
若鶏が初めて産む卵を初生卵というのだそうですが、なんといってもゆで卵が一番おいしい!
香りが良くて、美味しくて、栄養価が高くて、この時期の若鶏の卵は貴重品です。これから暫くは楽しめそう・・・。
 明日からは遅れ気味の大根干しと、大根葉の保存食づくりに大忙しです!お天気が続いてくれてるのが何より・・・。
[PR]
# by koufuusou | 2005-11-25 04:56 | その日の出来事

南アルプス山頂にうっすらと雪が・・・。

 11月17日以降、朝夕はぐっと冷え込むようになりました。例年、遅くまで緑色している桑の葉もさすがに黄色みをおびてきて、近くの神社のイチョウの葉もまだ緑色を残したまま、たくさん路面に落ちはじめています。
 南アルプス主峰、赤石岳の山頂は、薄い純白のヴェールを被ったような雪化粧です。先月に続いて11月も外出が多く、中々用事がはかどらない!雪が降る前にやっておかなければならない事が沢山あるのに・・・。これからは、一日、一日が大事です。

e0085754_15523257.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2005-11-22 15:17 | その日の出来事

紅葉が遅れた原因は何?

 題字のみ書いて、雑用に追われているうちに、どんどん季節が変化しています。
15日には暖かい陽気だったと書きましたが、17日以降、さすがに冷え込み、早朝、外の水が入ったバケツに毎日薄い氷が張るようになりました。今朝はー2℃でした!晩秋から初冬への移行です。思わずブルッと身が引き締まるよう!!

 さて、「紅葉が遅れた原因は?」という、題字の続きです。今年のように大幅に時期がずれるという現象の裏には、必ず理由があるだろうと、「気象研究所」というところに電話で問い合わせてみました。大変に丁寧なご説明で、「まず、一つは、20年位前から少しづつ地球全体の気温が上がってきていること、日本では、今年の9月、10月は気温の高い日が続いたことなどが原因としてあげられます」ということでした。
 紅葉の彩りも、例年より綺麗ではないという質問には、「やはり、9月、10月は降雨量も少なかった」というお答えで、「ホームページも見て下さい」とご案内いただいたので、早速、検索してみました。長文で具体的に、詳しく書かれています。興味のある方にもお薦め致します。

 「地球温暖化」という言葉は、すでに聞きなれていますが、高冷地で暮らす人々にとっては、晩秋まで薄着で過ごせて作業もしやすく、秋野菜もよく育ってくれていいことづくめのようですが、「喜んでいていいのかしら?」と、次は「地球温暖化防止」と入れて検索、こちらも子供から
大人まで、誰にでも読めるように大変わかりやすく情報提供されています。
 こちらも時間をとってじっくりと勉強させていただこうと思います。その結果を、また日を改めて書き綴ってみたいと思っていますが・・・。いつになるかなあ??
 
e0085754_16361531.jpg

 (上の写真は、11月10日撮影。洸風荘への入り口、小さな白い立て札が目印、ここを左に入ります)
[PR]
# by koufuusou | 2005-11-15 16:43 | 季節の変化

大鹿村、晩秋のたたずまい・・・

 暖かかった今年の秋も、寒気が南下してきて昨日からさすがに寒くなってきました。標高千メートルの洸風荘から眺める周囲の風景は、紅葉の彩を抑えた晩秋のたたずまいに変わってきています。
 前庭のクルミの樹の下に愛らしい姿を見せてくれた野兎や、敏捷な動きですっと消えてしまう地リス達は、十分冬支度ができたのだろうか・・・。
 去年もそうだったけど、今年はなおのこと暖かく、少し動くとすぐに汗ばむような陽気で、「なんか、ちょっとヘンだ・・・。」と思わず呟いてしまう、そんな陽気でした・・・。 
e0085754_15582682.jpg
 (標高千メートル、洸風荘1Fベランダより11月5日撮影)

 10月中旬以降、例年ならとっくに見事な紅葉が展開するものと思い、経験上、洸風荘のホームページに「全山燃えるような紅葉が見事です」と書いてしまったけれども、何と、10日以上もずれこんでしまった!? 10月23日ご宿泊されたお客様には、標高の高い、奥まった撮影スポットをご案内したけれども、当荘以外のところをご利用されたらしいお客様から「紅葉などしてない!」と土産物店でこぼしていかれたそうな・・・。
 本当に申し訳ない! どなたか判りませんが、ごめんなさいね・・・。次年度以降はちゃんと調べてから書こうと思います。
  (下の写真は、同じ日に撮った標高1650メートルのパノラマ公園。例年ならば、10月下旬はすっかり冬木立です)
e0085754_15342556.jpg

e0085754_1624690.jpg

e0085754_1632130.jpg

e0085754_1633434.jpg

[PR]
# by koufuusou | 2005-11-15 15:35 | 季節の変化