<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

’07 3・12 「寒風にゆれる春の使者・・」・・・洸風荘おかみの甘辛日記

朝から、ちらほらと風花が舞っています。。。

今日も、寒~い! きのう、久しぶりに街へ用があって、夫と出かけてきました。
「きょうは寒い日だネ」と言ったら、「ここんとこ、ずっと寒いよ!」と言う・・・。
そういえば、寒かったと思う…。”寒のもどり”かナ。。。


ジビエ料理の品評会までは、額に汗をかいて動き回ってたし、終わってからも、
お世話になった方々へお礼の電話をしたり、メール送ったり…。陽気のことなど、
ほとんど気づきませんでした。

きのうも、今日も、遅れ気味だった卵の宅配を済ませ、農協のお店で買い物をして、
郵便局へ寄っての帰り道、途中、日当りのいい民家の庭に紅梅が咲いていました。
持っていたデジカメで撮ろうとしても、寒風に揺れて中々焦点が定まらない~!

さらに、坂道をくねくねと登っていくと、神社の石垣あたりにも可愛い花が…。
やはり、冷たい風に小刻みに揺れています。


寒風に揺れながらも、けなげに咲く春の使者たち…。
いつも、愛車で飛ぶように走り抜けるので、全く気づきませんでした。やっと、周囲を
見渡す心の余裕ができたみたい。。。
これからは、昨年購入した1眼レフのデジカメにも、少しづつ慣れてかなくちゃ~!


でも、その前に、税の確定申告に行かないと! 今年の所得税は、昨年の倍くらい!?
恐ろしい~!! 収入は全然増えてないのに…。どうなってるの~!?
車の車検も控えてるし…。もう、た~いへん!


e0085754_1629573.jpg


e0085754_16301332.jpg


e0085754_16303247.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-03-12 16:33

’07・3・9 2回目「ジビエ料理」品評会…3


e0085754_7332218.jpg

                         (菜の花ちらし寿司)


以上、ジビエ料理のこと始めとしては・・・
1)「鹿肉と野菜のポトフ」と、旬菜料理の取り合わせ(・カニたま ・春巻き ・丸イカと大根・人参 のサラダ)

2)「鹿肉のハンバーグ」と、旬菜料理の取り合わせ(・卵サラダ ・春巻き ・丸イカと大根・人参 のサラダ) という、メニューでした。

次回は、全く違うメニューに取り組んでみたいと思っています。少しづつ、楽しみになってきましたァ…。
[PR]
by koufuusou | 2007-03-09 07:53

’07・3・9 2回目「ジビエ料理」品評会…2


e0085754_7213063.jpg

                   (信州の丸イカと、さらし大根・人参のサラダ)



e0085754_7251089.jpg

                    (セリと、味付け鳥ササミの大葉巻き)



e0085754_7282161.jpg

                            (カニたま)
[PR]
by koufuusou | 2007-03-09 07:30

’07・3・9 2回目「ジビエ料理」品評会…洸風荘おかみの甘辛日記

先月、2月14日にも、当村の観光協会主催で、内輪のジビエ料理の試食会を行ったのですが、今回は、各自、さらに研究し、南信州全域の関係諸機関、及び、この事業に関連のある各氏をお招きし、再度「ジビエ料理」の品評会を開催しました。

予想以上に参加者が多く、丁寧に、真摯な態度で審査をしていただき、各出品者も少し緊張いたしましたが、最期には、おひとり、お一人に丁寧な講評をいただきました。

励ましの意味を込めて、お褒めの言葉が多かったのですが、中にはきめ細かに、具体的な批評を下さる方もあり、最期に、ここまで指導していただいたジビエ料理のシェフからは、さらに具体的な直言もいただき、「まだまだ、発展途上の段階、さらなる研究を…」と締めくくっていただきました。

野生肉の料理には、苦手意識の強かった私も、生来の”なんでも勉強”という好奇心から、今回、私も出品しましたが、講評をお聞きしながら、ジビエ料理に次第に意欲が湧いてきました。

ここで生まれ育った住民は、さすがに独特のカンがあり、鹿肉のロースのソティーや、燻製、ふわっと揚げたコロッケ・パイの包み焼き・ハヤシライス・和風料理等々、それぞれ味と香り、盛り付けにも工夫を凝らしていました。

私の今回の目標は、<どなたでも、抵抗なく、おいしく召し上がっていただくジビエ>ということで、鹿肉と野菜のポトフ、それにハンバーグの2品です(もっとも簡単なものを選んだつもりが、全く逆の結果に…!!)。

                                 ★

まず、ポトフのスープは時間が掛ると聞いていたので、余裕をもって3日前からの取り組み・・・。鹿の臭みを抑えるため、ハーブやセロリを入れてコトコト…。ところが、アクをとってもとってもキリが無く、翌日、火にかけるとまたアクがでる…!?

そんなこともあろうかと、ズンドウの大鍋二つに分けて、たっぷりの分量で、減ったら両方足せばいいと思ったのが、初心者の甘さか?それとも、神経質にアクを採りすぎたのか!?2日間の煮込みでで3分の1くらいに減量~!? さぁ、困った!どうしよう…?? 急遽、経験豊かな方々に電話で教えを乞い、急場を凌ぎました!

そうはいえ、やはり、それぞれの場面における究極の判断は、やはり、長年の主婦のカンに頼らざるを得ないのですが、最終的にとった手段は、少々難アリの野菜がいろいろあったので、たっぷりの水でコトコト野菜を煮て、旨みの出た野菜スープで、まず、分量を増やしました。

ポトフに使う材料の野菜は、蒸して、それぞれの旨みをとじこめ、最期に、スープで柔らかく煮ておいたすじ肉と一緒に煮ふくめて、けっこう、いい味に仕上がりました(初心者にしては…)。

但し、主役のすじ肉はケモノ臭さを消すために、一晩、ハーブと赤ワインに漬け込んでから煮たので、初めての人にも抵抗無く試食できたと思いますが、スープに、赤ワイン(またはハーブ)の色が出てしまいました!(透明な澄んだ色を出したかったのに…)

                                 ★

次はハンバーグに悪戦苦闘~!! 長年の主婦のカンで、1個、1個小さな丸いハンバーグを作ると、どうしてもつなぎのものが必要になる(例えば、パンをちぎって入れるとか…)。
そういうつなぎの材料を余り入れずに、せいぜい玉葱をバターで炒めて、後は好みの調味料でまとめた方が、ジュウシーないい味のハンバーグに仕上がるというのが、わたくし流…。
そのため、数人分を1枚で焼く、大判のハンバーグが我が家の伝統です。このハンバーグはジューシーで、けっこう、ホームパーティなどでも好評でした…。

ところが…!なぜか、どうやっても、うまくまとまらない!? 途中で割れてしまう…? ジュウーシーにはほど遠い!? それに、ケモノ臭さがどうしても気になる…。

実際に営業の対象となってくれるのは、殆どが都会のお客様ですから、これはやはり、<どなたでも、抵抗無く、おいしく召し上がっていただくジビエ>という、最初に私が掲げた目標を達成できない!

何枚分かに分量を分けて、次々と試行を重ね、4回目でやっと目標に達しましたが、逆に、何の肉だかさっぱり分からないという結果に。。。

                                 ★

鹿肉の特徴は、高タンパク・低カロリー、ミネラルや鉄分が豊富で、魚に含まれているDHAも豊富と言う、ヘルシーこの上ない、現代人の理想とするお肉ですが、逆に、脂肪分が少ないということは、ハンバーグのように形をまとめるとか、瞬間的に焼き上げるという料理には向かないのではないかという…? 貴重な最期の1日を費やしての、痛~い教訓でした!!

ところで、私の出品の企画は、「4~5名のグループの昼食会」を想定しているもので、他に予定していたサラダとか、卵料理・春巻きなどの取り合わせのお料理が殆ど、手付かず・・・!!

うわ~!大変!! 明朝までに全部残りの料理を作らなければならない…! とにかくやるしかない!という訳で、どうにかまとまったのが当日の朝の6時半。。。 出かけるまでに、かろうじて2時間ていどの仮眠をとったという、想定外の結果でした…。試食会が12時からということで、どうにか救われましたが…。

                                  ★

出品する前に、ひとつ、一つ丁寧に写真を撮る予定だったのに…。会場で、審査する方々が回り始める直前に、自分の分だけでもと、慌てて撮ったお粗末な画像を、記念に載せてみます。ふ~!ヤレヤレ…。

e0085754_5481892.jpg

                        (鹿肉と野菜のポトフ)


e0085754_5501344.jpg

                        (鹿肉のハンバーグ)


e0085754_555565.jpg

                        (たまごサラダ)
[PR]
by koufuusou | 2007-03-09 05:32