<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

’07.2.17 「ジビエ料理発表会」…4

e0085754_17185367.jpg

            (盛り付け前の鴨のくんせい…これは、旨い~!)


e0085754_1723487.jpg

            (ソバようかん…素朴な甘さで、とってもヘルシ~!)


e0085754_17291687.jpg

            (お馴染み、しし鍋…)
[PR]
by koufuusou | 2007-02-17 17:31

’07.2.17 「ジビエ料理発表会」…3

e0085754_17125684.jpg


e0085754_17134794.jpg


e0085754_17154051.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-17 17:15

’07.2.17 「ジビエ料理発表会」…2


e0085754_1711793.jpg


e0085754_1721814.jpg
e0085754_173564.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-17 17:12

’07.2.17 「ジビエ料理発表会」…洸風荘おかみの甘辛日記

e0085754_16492767.jpg


2.14日(水)、当村の交流センターにて、ジビエ料理の発表会が行われ、同時に試食会が開催されました。

ジビエとはフランス語で、鴨・鹿・猪などの野生肉を主体とした料理のことだそうで、長野県はこの料理の新規開発(?)に大変力を入れており、ジビエ料理では既に勇名を馳せているシェフに何度もお越しいただき、今まで何回か講習会などを行ってきました。

観光シーズンを前にして、今度は、実際にお客様にお料理を提供する立場の旅館・レストラン・民宿などが新作をご披露して、同時に試食会も行われました。

その中から、写真が比較的はっきりと撮れたものを数点、ご紹介します(調理場が混雑しているので、中々写真撮りも難しい~!)。

まだまだ試行錯誤の途中であり、次回、3月7日にはさらに腕によりをかけて、2回目の発表会が行われます。

次回は、私も腕を揮って(?)、新作を発表する予定~!乞うご期待!!

e0085754_16503648.jpg
e0085754_16533819.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-17 16:54

’07・2・16 「甘酸っぱい春の香りが沢山!」…洸風荘おかみの甘辛日記

きょう、甘酸っぱい春の香りが沢山届きました~!

無農薬・有機栽培のマイルドなレモン、ハッサク・甘夏です(これも低農薬・有機栽培)。自然な甘みと酸味がほどよく、しあわせ~な気分!!

お煎茶も一緒に、静岡の篤農家から送られてきました。

e0085754_18482274.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-16 18:49

’07 2・10 「午後のティータイム」…洸風荘おかみの甘辛日記

1月~2月は、これからの生き方への仕込みの季節…!

講演会・研修会・料理講習会・団体の総会等々、なんと外出の多いこと!!
今週は、月曜から金曜まで連日!日によっては、日昼は料理講習会で、夜は
勉強会と2回も外出したり。。。

健康講座やら、福祉の勉強も含めれば、もっと、もっと沢山あるのですが、
日程が重なったり、体も続かないので、これでも「どうしても参加したい」と
いうものだけを選んで出ています。


南信州地域は、なんと、お勉強好きなんでしょう~!? 多分、この地域は
前向きで精神土壌が若いのかしら…??


任意ですから、別に参加しなくてもいい訳ですが、せっかく、行政や関係諸機関が、
無料で有意義な企画を立ててくれてるのですから、家に引っ込んでいたのでは勿体無い!

それにしても、広域連合の継続的な先進諸国への視察研修旅行にしても、
様々な学習のチャンスを与えてくれる地域に移住して、本当に幸運としか
いいようがありません。感謝、感謝~!! 誇りに思っています。


でも、ちょっと、さすがに疲れが出てきて、午前中はぐ~ったりィ…。
頭も体もだる~い。。。

だけど、家事をおろそかにしていたツケがいっぱい溜まっています。寝てなど
いられません!慌てて、お布団を干したり、片付けたり…。

午後はほっと、一息、熱いお紅茶に蜂蜜をたっぷり入れて、厚めのレモンを浮かす…。
静岡の篤農家から送られてきた、無農薬・有機栽培のマイルドなレモンです。それに
レアチーズケーキ…。

たまには甘いものも、疲れた体には滋養になります。来週も、まだまだ、お勉強が
続きます。もう少しのガンバリを乗り切らなくっちゃ。。。 

e0085754_1821042.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-10 18:24

’07 2・10 「春 3月…、暖かな陽気~!?」。。。洸風荘おかみの甘辛日記

1週間ぶりの更新です。。。

まるで、3月の陽気ですね!吹く風も、爽やかな春のそよ風~!
いいのかしら?ほんとに、こんなにあったかくて…。

とにかく、きょうは、お布団も干して、毛布も、座布団も、ついでに
ソファのクッションもぜ~んぶ干して、ふっくらと膨らんでいます。

農家の方々は、「農作業が始まったら、何か悪い影響が出なければ
いいけど…」

「果樹の花・芽どき、育苗のとき、大丈夫かな?」と、心配の声も
聞こえてきます。ほんとに、困ったことになりませんように…。
[PR]
by koufuusou | 2007-02-10 16:20

’07 2・4 「野鳥の季節」 ・・・ 洸風荘おかみの甘辛日記~ 

暖かい日が続いています。

冬は野鳥の季節…。自然の中に、広く張り出した
バルコニーの端に、中皿に玄米を入れておいたら、
いろんな鳥がよく来てくれます。

一番よく見かけるのが、全身グレーの、雀よりやや、
スリムな鳥・・・。
変わったところで、喉元からお腹まできれいなブラウン、
頭から背中、尾までは黒、尾の少し上に、まあるい白の
斑点が二つついています(何という名前かしら?)。

たまに、頭から背中が黒、お腹が白で、羽がきれいな
ブルーと白が入り混じったような鳥もきます。

いずれも雀と同じくらいの大きさ…、冬はぷっくりとふくらんで、
可愛い~!

でも、野鳥はとても用心深く、ガラス越しでもちょっと、人影が
動くと、サッと、飛び立ちます!!  中々写真を撮らせては
くれない…。

手元に、いつもデジカメを置いてるので、PCをやってる時に
飛んできてくれると、シャッターチャンスなんだけど…。

中々、難しい。。。

e0085754_16501471.jpg


e0085754_16541114.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-04 16:54

’07 2・3 「寒風に咲くビオラ~」・・・・・洸風荘・女将の甘辛日記

ここ2~3日、雪はないけどさむ~い日が続いています。

卵の宅配を済ませ、郵便局で用を足してて帰宅…。
「あ、今日の卵、まだ採ってなかった!」と、鶏舎への階段を下りようとしたら、
足元に小さな、薄紫の花が一つ、寒風に吹かれて小刻みに揺れながら、
ひっそりと咲いていました。

「いままで、暖かかったから咲いてくれたのね…。」
「きのうも、今日も、こんなに冷たい風で可愛そう!」
たった1輪の小さなビオラ、いとしい~!
e0085754_1174243.jpg

[PR]
by koufuusou | 2007-02-03 01:19

’07 2・1  「地球温暖化防止活動推進員・合同研修会」ー2日目の報告

先週から今週にかけて、情報過多になるほどの学習会ラッシュ!情報を受ける一方で、まとめている暇がない~!

頭の中だけでは、どんどん新しい知識の波に押し流され、忘れてしまうので、とにかく、憶えている範囲でまとめることに。。。

                              ★
                                    
1月23~24日「合同研修会」の2日目、3名のベテラン推進員による活動報告でした。

始めに報告されたのは、永い間、自然観察指導員や、環境カウンセラーの活動を続けてこられた方で、学校の教育現場に入って、子供たちに、地球温暖化の学習プログラムに基づいて、分かりやすく、具体的な説明をされたことの報告でしたが、この方は趣味で、山岳協会長も務められており、、永い間、「雷鳥」の観察も続けてこられた方です。

雷鳥は飛べない鳥…、標高の高い所に棲んで身を守ってきたのに、本来、ライチョウの棲む領域には狐などは登れなかったのに、近年は登山客の残した食べ物などを拾い喰いしながら、段々に高地に体が順応しはじめ、飛べない無防備なライチョウを喰い尽くしてしまっていると・・・。
現在は、環境省の絶滅危惧Ⅱ種に指定されているということでした。

                              ★
                                       
人間は言葉や文字、写真など様々な手段で訴え、対策を講じることが可能ですが、もの言えぬ生き物の哀しい運命に、心が塞がれる思いでした。永い間、高い山へ登頂し、喰い尽されたライチョウを目にする報告者は、どんな思いでそれを見つめたのでしょう…。

                              ★

狐は上へ上へと順応したということですが、逆に、熊や、鹿・猿などの野生動物は、高い処から下界の人間社会へ下りてきて、田畑の作物を喰い荒らし、甚大な被害を及ぼしています。我が家の田圃は、昨年は鹿に全部喰いつくされて、収穫ゼロ!!(二重にネットを張っていたのに…)。畑も同様でした!

同じような被害は全国に広がっており、その被害額は大変なものだと思います!山では、本来、彼らが常食していた食べ物が、温暖化による植生の変化で無くなりつつあるからです。

手塩に掛けて育てた作物が収穫できないのも、言うにいわれぬほど悔しいものですが、熊などに襲われて、全国で沢山の死傷者が出ております。

地球温暖化の影響は、ものを食するヒトだけでなく、野生の生き物たちにも過酷な運命を与え、その結果、私たち人間世界への報復が年々増大し続けているのです…。

                               ★

このような辛い報復を受けているのは、エネルギーをガンガン消費している大都会ではなく、概ね、少エネルギーで質素に暮らす地方の人々です。
同様に、昔からそう変わらない暮らしを営んでいる発展途上国の人たち…、住宅地に海水が押し寄せたり、干ばつで草1本生えない乾ききった大地などがTVで写されています。

このことを、他人事と看過すべきではないと…、ここ1~2年、強く感じています。

                               
[PR]
by koufuusou | 2007-02-01 00:42