’07 6 23「大成功に終わった旅行企画・・」洸風荘おかみの甘辛日記

先日、広域連合の担当者を通じて、ドイツ在住のジャーナリストから、今度の「南ドイツ・農業視察団」の受け入れに対しての、手厚い礼状が届きました。

それによると…、(本文からの抜粋)

「今回の旅行は大成功でした。
みんな、とても満足していましたし、視察団の事務局長は来年も、再来年も、対象者を替えて同様の企画を組みたいと言ってます」と始まり、

参加者は「南信州で出合った農家や地域の人々は、みんなとんでもない理想主義者だ」と言って感心していました。
ヨーロッパの農家だったら、とっくに農業を諦めているところで、農業をしている姿にみんな心を打たれたようです。

今回の旅行で再認識したのですが、日本の田舎には宝物がうずもれています。先進工業国日本のイメージが強すぎて、外国人はそのことを知らないですし、住んでいる人の多くも、すばらしいものを持っていることに気づいていません。

今回のような小さな国際交流が、外の人、内の人双方の認識不足の解消につながればと思っています」

という、嬉しい言葉が続き、最後に、

「今後ともこのような交流が続けられたらと思っています」

「地域の方々によろしくお伝え下さい」と結んでありました。

(本文は、転送しても、ネットで流しても結構です。とありましたので、一部省略しましたが、一語一句変えずに掲載しました)

私は飛び上がるほど喜んで、一緒に関わった人たちの何人かに早速伝えました。

「トンデモナイ理想主義者!?って、それ、どういう意味?」「ま、だからさ、途方もない努力主義者とか、そんなとこなんじゃない?」「う~ん、なるほど、それなら分かる…。」「でも、努力しなきゃ、農業やってかれないもんね!日本じゃ…」。。。

みんな喜び合いながら、日本とドイツの置かれている農業の問題点で、共通するところ、違いに目を見張るところ、それぞれに驚いたり、納得したりの“小さな国際交流”でした。良かった、よかった…。


e0085754_230987.jpg

        (ましのワインの社長の情感豊かな美声に、みんなうっとり…)

e0085754_2345920.jpg

                     (真剣にお箸で食べてくれました。お上手…)

e0085754_236654.jpg

             (隣町の美女3人が、なんと、お着物で登場!湧きにわきました)
[PR]
by koufuusou | 2007-06-23 19:59


<< ’07 6 25「水無月(水の... ’07 6 22「日・独 思い... >>